重い!エクスプローラーのCPU使用率・メモリ使用量増大への対処【Windows10Pro】

パソコン

先日メインパソコンを更改した快晴さんぽです。

処理速度は大きく向上してウハウハしてたんですが、一点困ったことがありました。

それが、

アイドル状態でCPU使用率が20~30%程度に上がっている

という症状でした。さらにはメモリも食ってる事がわかりまして。

 

何もしてないのにCPUの能力を1/3も食ってるとか有り得ませんよね。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

性能的には問題ないとしても精神衛生上よろしくない

 

いや、ホント気持ち悪い状態ですよ。カンベンしてくれ~!って感じです。

もうこれはどうにかして改善するしかないなと思い立ち、原因究明~対策までやってみました。

 

アイドル状態でCPU使用率が高い、メモリが食われている、という症状にお悩みの方は参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

CPU使用率とメモリ使用量を上げていた犯人

タスクマネージャーを確認してみると、↓こんな状態でした。

 

エクスプローラー」のCPU使用率が高く、メモリも消費しちゃってる事が分かりました。

ホント、Windowsはワケ分からん所に不具合が隠れていてウンザリしますが、それでも使えない事には仕方ないという訳で、こういったトラブルにも何とか対処して使い続けているのですよ。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

マイクロソフトにいいようにしてやられている感はある

 

まぁトラブル対処の度にノウハウが貯まる、という意味で前向きに捉えるしかないですね。

という事で、このヘンテコな症状と闘う事を決意した次第です。

 

真の原因特定を試みる

対処療法でエクスプローラーを再起動してみたんですが、全く効果無しでした。落とすと一旦改善するんですが、しばらくすると再びCPU・メモリを喰いだすんです。

こりゃ、本当の原因は全く違う所にあるな、とは直感的に思いましたね。

 

拙いながらも、持てるノウハウを駆使して原因を探ってみました。

 

Process Explorerで追い込む

原因究明の決定打となったのが「Process Explorer」の使用です。

このソフトは非常に便利ですね。Windows標準のタスクマネージャーでは分からない細かい情報をゲットすることが出来るんです

 

Windowsでトラブルにあった時はまず使ってみるソフトウェアですね。

で起動してみた結果がこちら↓

 

小さくて見にくいですが、確かにエクスプローラーが上に来ています。

ここからさらに細かく見ていけるのが「Process Explorer」の便利なところです。

 

スポンサーリンク

エクスプローラーの詳細を確認

「エクスプローラー」の行をダブルクリックすると↓こんな表示が出てきます。

 

つまり詳細に見る事が出来るってわけです。

これにより原因をかなり詳細に絞り込むことが出来るんです。非常に便利。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

Windowsのトラブルに遭遇して、解決し切れない事があるなら使ってみて欲しい。

 

エクスプローラーが重くなる原因特定

という事で詳細画面を確認してみて分かった事があります。

特定した原因をご紹介します。参考になれば幸いです。

 

「iaStorAfsServiceApi.dll」?「OptaneRegisterListener」?何だこりゃ?

詳細を確認すると主要因となる一番上に出ていたのは「iaStorAfsServiceApi.dll」「OptaneRegisterListener」という文字列でした。

 

↓画面で見るとこんな感じ(再掲)

 

正直「エクスプローラー」という文言からだけでは辿りつけない文字列です。

前者のiaStor云々はよく分かりませんが、Optaneはインテルが推し進める新しいストレージ・メモリの事ですよね。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

う~む、Optaneがらみかぁ。この辺を攻めればいいのね。

と原因究明に向け大きく前進したのです。

 

原因について考察

正直「Optane」のストレージとかキャッシュ機能なんかは使っていないので、現時点でこの機能は不要です。

Optaneに関連したサービスを止めるなりソフトウェアをアンインストールすれば良いんだろうな、という事は容易に想像できました。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

でも、そんなソフト入れたっけな・・・?

 

真の原因に近づいているワクワク感が沸き起こります。さらに探ってみました。

 

エクスプローラーを重くした原因に対処

では実際の解決編です。

結論から言えば、ソフトウェアのアンインストールで解決しました。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

最初に入れたマザーボード付属のドライバが原因だった・・・。オイオイ・・・。

 

スポンサーリンク

「プログラムと機能」で確認

↓「コントロールパネル」→「プログラム」→「プログラムと機能」と辿って、インストールしてあるソフトウェアを確認します。

 

Optaneがらみのソフトウェア、ありました。

でも、正直「こんなん入れたっけなぁ?」状態でした。

で、ちょろちょろっと右クリックして修復ボタンを押してみると、

「最初に入れたドライバインストーラーのフォルダが無い!」

云々かんぬんといった文字列が出て来まして。

 

で、それはマザーボードメーカー(Asrock)のサイトから落としてきた「Floppy(v16.7.0.1009)」というドライバだったんですよ↓

 

はっきりいって「Floppy」という名前から「Optane」は想像できませんて・・・。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

しかもマザーボードメーカーのサイトに置いてあるドライバーの類いが悪さしてるとは思わないからな。

 

↓更にドライバをインストールする時のファイルを見てみると「iaStorAfsService.exe」という実行ファイルの名前が・・・。

 

「Process Explorer」で調べている時に出てきたファイルの名前とドンピシャですよ。ビンゴビンゴ。

FloppyもOptaneも使ってないんで削除することにしました。

 

ソフトウェア(ドライバ)を削除

ということで、「プログラムと機能」から「Intel Optane Pinning Explorer Extensions」とかいうソフトウェアをサクッと削除しちゃいました。

↓これです(再掲)。これを削除です。

 

すると、削除した瞬間にあっという間にCPU使用率が下がりましたとさ

めでたしめでたし。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

ふぅ。アホな症状だったが解消できて良かった良かった。

 

まとめ

ということで、エクスプローラーがCPUとメモリを喰ってるなと思ったら、原因はOptaneがらみのドライバでした、ってお話でした。

トラブルはストレスですが、こんな感じで原因を追いつめて行くのは楽しかったりします。(マゾ?笑)

快晴さんぽ
快晴さんぽ

とにもかくにも、何もしてない状態でCPU使用率が30%とかいうアホな状態が治って良かった。

 

もしエクスプローラーが重くて悩んでいるという方がいたら、原因の一つの可能性がありますので確認してみて下さい。

Windowsで「なんだか動きがおかしい」とか「CPU使用率が異常に高い」とかいう症状に遭遇したら、「Process Explorer」を使ってみて下さい。

とっても便利なツールです。

【レビュー】BTOパソコンi5 8600・M.2-SSDの実力!Sandyおじさんにおススメ!【サイコム】
Sandyおじさんとして7年前のPCを長らく使っていたのですが、ついに買い換えました!サイコムのBTOで自分好みのパソコンを手に入れたのですよ。いや~速くてサクサク快適ですよ。スペックやベンチマークをご紹介したいと思います。Sandyおじさんぜひ読んで!
https://kaisei-eigo.com/remote-desktop-home-edition
PCいじり大好きブロガーの家にあるキーボード8種をレビューするよ!おすすめはどれだ!?動画あり
パソコンのキーボードってホント千差万別ですよね。大型な物・小型な物、打ちやすい物・打ちにくい物、などなど。私はブログを書きますのでキーボードにはこだわる必要があります。なぜなら体の事を考えてないキーボードで長時間書き続けると腕を痛めるから。。そんな我が家のキーボードをご紹介します。
【レビュー】Intelの超小型PC NUC5i3RYKを購入!丸裸にして改造してみた!【i3-5010U】
我が家にはいくつかのパソコンがあります。今回NUC5i3RYKを購入したのでそのレビューです。小型PCは設置場所も問わないですし消費電力も小さいのでいろいろな使い方ができます。小型PCに興味がある方はぜひ参考に。
リビングにも置ける超小型パソコン!Lenovo M92の冷却に挑戦!【Core i5-3470T搭載】
気軽にパソコンを使いたい、そんな時はノートパソコン、ではなく、超小型パソコンがお勧めです。今回Lenovoの超小型PCであるM92pを購入してリビングで運用していますが、発熱が厳しい事に気づいたので、対策を施してみました。
OS代安くならんかな~格安でWindows10Proを手に入れる方法!
最近パソコン周りの環境を変えまして、OSが必要になりました。Windows10Proが欲しかったのですが普通に買うと高い~、ということでWindows10Proを格安で手に入れる方法がないかを考えました。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。もし少しでも役に立ちそうだと思われたら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

コメント