Windows10Homeでリモートデスクトップ出来ない人へ!簡単に接続可能!

パソコン・ガジェット

快晴さんぽはパソコンいじりが好きです。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

ハイスペックPC、小型PC、冷却、自作、改造、何でもござれだ!

 

必要でもないのに変わったPCとか小型PCを仕入れてきてはせっせとセットアップして、それらしく設置してあまり使わない、なんていう奇行を繰り返しているのです。

 

ちょっと前、

このままではPCに埋もれる!

と危機感を感じ、不要なパソコンを断捨離(ヤフオクで売る)しました。

断捨離の凄い効果12選!不要なパソコンを処分してスッキリしてみた!
断捨離、よく聞く言葉ですが、今まであまり気にしては来ませんでした。今回不要なPCを思い切って処分してみたら、断捨離の効果の一端を感じる事が出来たので書き殴ってみます。

 

そんなこんなで断捨離はしたのですが、それでも家の中には未だに複数のPCが鎮座したまま・・・。

まぁもうこれは仕方ない、かわいい何台かのPCたちと共に生きていくしかないんだ!と腹をくくった次第です。

 

で、家庭内のLANで複数のPCを使う場合、リモートデスクトップ(リモデ)が必須です。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

リモートデスクトップっていうのは、同じLAN上にあるPCの画面を、別の端末(ノートPCとか)で表示するための機能だね

 

リモートデスクトップがないと何台ものPCを同時に運用できないんです。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

「不要なPC買わなきゃいいじゃん」って言わないでぇ!!

 

スペックの高いPCをホストにして、ノートPCやタブレット(クライアント)から遠隔で操作(リモートデスクトップ)する、といった使い方が出来ます。

しかし!WindowsのHomeエディションではリモートデスクトップのホストになる機能がないんですよね・・・。至極残念な仕様です。

 

Homeエディションでは、標準だとリモートデスクトップ出来ないんですが、世の中便利なツールを作ってくださる方がいるのですよ、有り難い事に。

今回はそのツールを使って、Homeエディションであってもリモートデスクトップを使うための簡単な方法についてお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

リモートデスクトップの使い方

母艦であるメインPCは性能は高いのですが若干ファンの音が大きかったり、排熱が激しくて部屋が暑くなったりと、近くにいると煩わしいんですよね・・・。

そんな時はメインPC(ホスト)の置いてある場所から離れたリビングなどのノートPC(クライアント)でリモート接続する、といった使い方が非常に便利。

 

ちなみにリモートデスクトップをするときに出てくる単語「ホスト」と「クライアント」というのが何かというと、

・ホスト:リモート操作される側のPC(高スペックPCなど)
・クライアント:操作するための端末(ノートPC、タブレットなど)

という位置づけです。ホストはサーバ(サービスを提供するシステム)と言っても通じるかもしれません。サーバ側の画面をクライアント側で見て操作しているわけです。

 

また各PC全てにディスプレイを繋いでいるわけではないので、リモートで接続出来る環境は必須だったりもします。

一人一人が持つデバイスもPCにスマホ、タブレットと増えていますし、今後はさらにリモートデスクトップ機能を使う機会も増えていくんじゃないでしょうか。

 

リモートデスクトップじゃないですが、OSのデスクトップを仮想化して複数のデバイスからアクセスするなんていう使い方も一般化してきましたし、遠隔で操作するといった類の手法はさらに拡大していくのでしょう。

 

Windows10(7も)のHomeエディションではリモートデスクトップのホストになれない

リモートデスクトップソフトについては色々なフリーソフトが出ているのでいくつか試してみたのですが、やっぱりWindowsに標準でついているリモートデスクトップソフトが安定していて使いやすいです。

 

なのでWindowsでは標準のリモートデスクトップを使いたいんですが、Homeエディションだと使えないジレンマ。。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

Windows10Pro(7Proも)だとリモートデスクトップのホストになれるんだけどね。

 

Microsoftが意図的にHomeエディションの機能を削ってるんですよ。Homeエディション、つまり家で使うような用途ならリモートデスクトップのホストの機能なんて要らんだろ!っていうMicrosoftの有難い判断なのでしょう。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

家でもバリバリとリモデを使っている自分のような人間もいるけどな・・・。

 

まぁリモートデスクトップを使うならProエディション買えよな!というMicrosoftの戦略ですね。

 

私が仕入れるPCはWindowsのHomeエディションのモノも多いです。OSをProエディションに変えてもいいんですけど、お金かかりますしね・・・。

↓OSを安く調達する術もありますが、リモートデスクトップのためだけにわざわざ買って再インストールとかしたくないですから別の方法を探してみました。

OS代安くならんかな~格安でWindows10Proを手に入れる方法!
最近パソコン周りの環境を変えまして、OSが必要になりました。Windows10Proが欲しかったのですが普通に買うと高い~、ということでWindows10Proを格安で手に入れる方法がないかを考えました。

 

スポンサーリンク

Homeでリモートデスクトップを有効化する方法

世の中探せば便利なモノを提供して下さっている方がいるもので、「RDPWrap」(RDP Wrapper)を使うと、HomeエディションのOSでリモートデスクトップ機能を有効化することが可能になります。

有効化方法について具体的に紹介していきましょう。

 

RDPWrapのダウンロード

まず下記URLからRDPWrapをダウンロードします。Githubです。

stascorp/rdpwrap
RDP Wrapper Library. Contribute to stascorp/rdpwrap development by creating an account on GitHub.

 

解凍して適当な場所に置きます。

 

RDPWrapの適用

まず「install.bat」を実行します。この時、右クリックしてから「管理者」として実行してください。

 

続いて「update.bat」についても管理者権限で実行します。

 

その後に「RDPConf.exe」を実行し、次のような画面が表示されたら成功です。上段の4つの記載が全て緑色になっているとうまく行っている証拠です。

特に「Listener state」がListeningになっているかどうかを確認してください。

 

これで設定は完了です。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

簡単でしょ?

 

実際にリモートデスクトップで接続できるかどうか試してみてください。

 

スポンサーリンク

Windows10のアップデートによってリモートデスクトップが出来なくなった時

Windows10をアップデートすると、Microsoftさんの粋な計らいでリモートデスクトップが出来なくなってしまう場合があります。

そんな時は「RDPConf.exe」を実行し「Listener state」が”Not Listening”になっていないか確認してください。

 

↓Not Listeningになっているとリモートデスクトップが出来ません。(文字ははめ込み)

 

この原因は、「rfxvmt.dll」というファイルがアップデートの際に削除されてしまっている事によります。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

Microsoftぉ・・・

 

直し方は簡単です。

まずRDPWrapをアンインストールしちゃいます。「uninstall.bat」を管理者として実行するとアンインストールされますよ。

 

続いて「rfxvmt.dll」をダウンロードしてきます。

↓こちらのやり取りを参考にして下さい。

「Windows10でアップデートしたらリモートデスクトップが使えなくなった!直し方教えてくれ!」という要望に対してのやり取りが載っています。

Listener is not listening on Win 10 Home (build 14997+) · Issue #194 · stascorp/rdpwrap
Hello, Thank you for rdpwrap! Unfortunately, on Windows 10 Home edition, it is not working anymore since Insider build 15002. Rdpwrap is fully updated and says ...

 

↓このやり取りの中に出てくる下記リンクで「rfxvmt.dll」ダウンロードします。

https://github.com/stascorp/rdpwrap/files/1545652/dlls.zip

 

圧縮されていますので、解凍します。そして出てきた「rfxvmt.dll」を「C:\Windows\System32」にペーストして配置しましょう。

 

そして再度RDPWrapをインストールしてください。

インストール後「RDPConf.exe」実行で下記の画像の通り「Listener state」が”Listening”になっていたら成功です。(上記の既出画像です)

まとめ

以上、Windows10(7でも行けるはず)のHome Editionでリモートデスクトップを使えるようにするためのちょっとした設定についてご紹介しました。

最初リモートデスクトップのホストになれない事を知らずにHomeエディションが入ったPCを買って絶望した事を鮮明に覚えていますよ・・・。

 

いやぁ、出来ない!と騒ぐ前に出来る方法がないかを探してみるべきですね。

リモートデスクトップを使いこなしてやるぜ!という方はぜひ参考にどうぞ。

PCいじり大好きブロガーの家にあるキーボード8種をレビューするよ!おすすめはどれだ!?動画あり
パソコンのキーボードってホント千差万別ですよね。大型な物・小型な物、打ちやすい物・打ちにくい物、などなど。私はブログを書きますのでキーボードにはこだわる必要があります。なぜなら体の事を考えてないキーボードで長時間書き続けると腕を痛めるから。。そんな我が家のキーボードをご紹介します。
【レビュー】BTOパソコンi5 8600・M.2-SSDの実力!Sandyおじさんにおススメ!【サイコム】
Sandyおじさんとして7年前のPCを長らく使っていたのですが、ついに買い換えました!サイコムのBTOで自分好みのパソコンを手に入れたのですよ。いや~速くてサクサク快適ですよ。スペックやベンチマークをご紹介したいと思います。Sandyおじさんぜひ読んで!
生活に面白さと楽しさを!心くすぐる尖ったガジェット16選!
ガジェット、それは心を潤してくれる魅惑の電化小物たち・・・!ここでは性能や機能、見た目などがちょっと尖っていて楽しくなるようなガジェットをご紹介したいと思います!より良いガジェットライフを!
【レビュー】Intelの超小型PC NUC5i3RYKを購入!丸裸にして改造してみた!【i3-5010U】
我が家にはいくつかのパソコンがあります。今回NUC5i3RYKを購入したのでそのレビューです。小型PCは設置場所も問わないですし消費電力も小さいのでいろいろな使い方ができます。小型PCに興味がある方はぜひ参考に。
【レビュー】Intelの超小型PC NUC5PPYHを使い倒してみた!評価はどんな感じ?【N3700】
またまた超小型PCのレビューをお伝えします!今度はNUC5PPYHです。新しめのAtom CPUであるPentium N3700を搭載し、2.5インチのSSDも搭載可能となっています。どんな風に使うのが良いのか、色々な角度から確認してみたいと思います。
リビングにも置ける超小型パソコン!Lenovo M92の冷却に挑戦!【Core i5-3470T搭載】
気軽にパソコンを使いたい、そんな時はノートパソコン、ではなく、超小型パソコンがお勧めです。今回Lenovoの超小型PCであるM92pを購入してリビングで運用していますが、発熱が厳しい事に気づいたので、対策を施してみました。
バックアップのすすめ!あなたは大事なデータが消えても平気ですか?
家で、会社で、学校で、今やデジタルデータは身の回りに溢れています。失ってから初めてその大切さに気付くのはデータも愛も同じ。あなたの大切なデータはバックアップをしっかりとっていますか?

最後までお読み頂きありがとうございます。もし少しでも役に立ちそうだと思われたら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

コメント