英語の力をお金に変えるには?「英語で稼ぐ」を実現する方法を紹介

幼稚園や保育園の頃から、「英語で話そう」とか「英語で歌おう」なんてやりつつ、小学校では他の大事な科目を減らして英語授業が始まって、中学校・高校では相変わらず眠い英語の授業。

でもいつまで経っても英語って出来るようになりませんよね。中学・高校の英語の授業だけでL/R/S/W、つまり聴く/読む/話す/書くを高いレベルで習得できる人なんているんでしょうか。私を含め、そんな人見たことないです・・・。

6年も英語を勉強させるなら、ネイティブとコミュニケーション取れるくらいまで引き上げてくれよ、、と思いますが・・・。

まぁ、本当に必要な人は自分で勉強して英語力を高めて行くんでしょうけど、日本にいる限りその必要性もあまりないのが実情ですね。

せっかく英語を学ぶのです。少しでも人生に活かせたらいいと思いませんか。

私たちの英語の学習時間は

私たちは教育を受けている間、いったいどれ位の時間、英語の授業を受けているかご存知ですか?

中学・高校の6年間で計800時間ほどなんです。授業時間と同じくらい家庭学習も行ったとすれば、倍の1,600時間は英語を勉強している事になります。(小学5・6年生の英語授業はとりあえず除いてます)

ただ、6年で1,600時間は多いと言っていいのか、少ないと言っていいのか微妙ではあるんですよね。6年間の総時間は24時間×365日×6年 = 52,560時間あるんです。という事は、英語に費やしている時間はほんの3%に過ぎないんですね・・・。

とはいえ、英語の力がきちんと積みあがっていくと仮定したら、英会話が前進したと実感するのに必要な時間は1,000時間と言われていますから、時間的には一応クリアしてるんですよ。

6年も掛けてるので勉強の密度が薄いというのはありますが、こんなに勉強していたら、日常会話くらい出来るようになっていてもいいはずなのに・・・と思うのが私たちの希望なわけです。。

英語が出来る事による利益が欲しい

英語があまり役に立ってないんじゃない?と思う人も多いでしょう。そして英語が「利益」に繋がっていない「リターンがない」と感じるのではないでしょうか。

皆さんが社会人であれば、ある程度費用対効果と言いますか、時間やお金といったコストをそれなりに掛けたなら、それなりのアウトプット・利益を求めますよね。いや、社会人でなくてもそう思うはずです。

「英語をこれだけ勉強したのだから、利益が欲しい」と。

ただ、英語の力をお金に変えて行ける人は少ないのが現実。せいぜい、会社の精度でお金をもらったり、昇進時に必要になるからいやいやTOEICを受けたり、というのが関の山です。

英語が必要な時代

今や世界はインターネットなど情報通信の力であっという間に誰とでもコミュニケーションを取る事が出来る時代です。便利な交通機関で海外に行くことも容易です。

そしてこの流れにはもう後戻りはないのですから、世界を相手にした生活、仕事が増える事はあっても減る事は無いのです。

英語は世界の言語のディファクトスタンダードの地位を占めていますから、英語を使える事は今後、必須のスキルになっていく可能性が高いです。というかもうそんな時代ですね。

大学入試センター試験の代わりにTOEICのスコアが使われるようになったり、会社でも昇進や昇給のためにTOEICのスコアが必須になったり、という感じで、英語を活かさなければならないシーンは増えてきていますね。

もちろん、会話やメールなどで、英語そのものを使ったコミュニケーションを図る機会も増えて行きます。

皆さんはもちろんですが、皆さんのお子さんやお孫さんにはさらに英語が必要となってくるでしょう。子供や孫に「英語教えて!」と言われたときに、「英語はちょっと分からないな・・・」なんて、ちょっと恥ずかしいですよね。

「英語を学ぶ」から「英語で稼ぐ」へ

英語の学習の中でもTOEICはというと、問題自体は難しい試験ではないですから、勉強すればある程度のスコアを取る事は出来るでしょう。

ただ、スピーキングやライティングの能力はTOEIC L&Wでは伸ばせないですし、TOEICの綺麗な発音をいくら聞いてもネイティブの普段の会話について行くのは難しいでしょう。つまり部分的な能力の獲得に留まるのです。

そしてそれは、「英語を学んでいる」状態でしかありません。本当はその先が必要はなずです。先ほど説明した通り、TOEICのスコアがあれば、入試や会社の中で活かせる場面はあります。ただ、それは「英語の力そのものを使って稼いでいる」わけではないですよね。「英語の能力を証明するモノ」を入試や昇進に適用しているにすぎません。

英語の力を使って、お金を稼ぐ力が身に付いたらいいと思いませんか?せっかくこれだけ英語を勉強してきたのだから、「利益」を得てもいいはずですよね。

例えば会社で「営業により契約を取るスキル」を身につけたなら、給料やボーナスにある程度跳ね返るはずです。英語も、力を身につけたらお金に変えたいと思うのが私たちの思いです。

稼ぐための戦略 英語飯とは

そこでご紹介したいのが「英語飯(えいごめし):言語をキャリアに変える具体的な方法」です。

インフォトップの商品です。

特定商取引法に基づく表記

販売者業者名:Haamalu合同会社
運営統括責任者:石崎 力也
住所:石川県金沢市本江町6-27
電話番号:050-5806-6587
メールアドレス:support@haamalu.co.jp
販売価格:10,000円

今までの英語教材はどれも「英語を学ぶ」ことに着目したものがほとんど全てでした。「リスニング力を向上させるノウハウ」「英文の速読法」「英単語を1日100個覚える方法」などなど。

スポンサーリンク


もちろんそれらは大事です、大事なので、この「英語飯」でもその辺をレクチャーしています。ただ、そこで終わってはいけません。英語の力をマネタイズに活かすなら、そこを一歩飛び越える必要があります。

この「英語飯」では「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」に移行する方法そしてさらに「英語で学ぶ」から「英語で稼ぐ」に移行する方法を示します。

「英語を学ぶ」

「英語で学ぶ」

「英語で稼ぐ」

英語飯では上記の流れを説明しています。これまでの英語学習と言えば、一番上の「英語を学ぶ」で止まっていました。これを、稼ぐための英語、まで持っていくための指針を示します。

「英語を就職や転職に活かすだけではもったいない」とまで言い切ります。英語を母国語としない人が、英語を使ってお金を稼ぐ手法を明らかにしてくれるのです。

具体的には海外のクラウドソーシングから仕事を受注する方法など様々なマネタイズ方法を解説しています。

「英語の力を使ってお金を稼ぎたい」と考える人は一度手に取ってみる事をおすすめします。今までの価値観が変わって、自分のレベルが一段上がりますよ。

私もTOEICの勉強などを通して、会社の制度に応募してみたりとかそれくらいには活かしてましたが、英語力そのものを使ってさらに稼ごう、という意識が芽生えたことが無かったんですよね。そういった意味でこの教材は画期的です。

ただ、この「英語飯(えいごめし)」の足りない部分をお伝えしておかねばなりません。英語力自体の向上をこれに求めるのは酷なのです。そもそも内容を見て頂けると分かる通り、これだけで英語力が上がるという類のモノではありません。という状況なので、英語力を上げるためではなく、

英語を使った自分の可能性を広げる」など、新たな価値観を見つけるという使い方が一番しっくりきますね。英語力自体はやはり自分で上げて行くしかないのです。

1年で300日以上を海外で過ごす作者の、日本からすれば一風変わったマインド、稼ぎ方を知って、今までの自分の方向性、価値観を変えてみたい方におすすめです。

まさに「英語で飯を食える」未来を見せてくれる羅針盤としての役割を発揮してくれます。

英語教育に行き詰まりを感じている人、英語が好きで勉強しているけれど利益にはつながっていない人、世界を見据えて仕事をしたい人、はぜひ一度手に取ってみる事をおすすめします。

英語力を上げるための特別な特典

そして、英語飯の不足を補って英語力自体を向上させる必要も皆さんにはおありかと思いますので、この記事のリンク経由で購入頂いた方には無料の特典をお付けしたいと思います。

英語で稼ぐ術を見つけたとしても、英語力自体が備わっていなければ宝の持ち腐れです。

この特典は私快晴さんぽが、3か月でTOEICスコアを500点から900点超まで伸ばした勉強法・ノウハウ・モチベーションの維持方法などを詰め込んだ無料レポートとなります。

TOEIC900点を取る事は難しいと思われがちですが、やり切ってみれば何てこと無かったな、と思えるものです。とはいえ、それなりの覚悟と時間は必要ですけどね。

この特典には次のような内容をこれでもかと詰め込んでいます。

絶対に挫折をしない方法

TOEICでも他の資格でも、どんな勉強でもそうですが、結局は「続けられるかどうか」です。

目標を確実に達成するためのただ一つの方法は、

「達成するまで止めない」

です。「なんだそれ・・・」と思う事なかれ、これが全てです。

どんなに時間がかかろうとも続けさえすれば、目標を達成できる可能性は残るのです。しかし止めてしまえばそこでお終い、努力は水の泡・・・

特典では、「TOEICの勉強を絶対に挫折させない」方法を記載しています。

これは英語を継続学習していく際に大きく参考になる内容ですので、ぜひご期待ください。

3か月で行くぜ!500点から900点までの具体的な到達方法

何問くらい設問数を解くと、スコア何点に到達するという数字をこのブログでも紹介しましたが、特典では何をどれくらいの期間でどのように解いて行くと実際にそのスコアに到達することが出来るのか、という方法論を具体的に掲載してみました。

現在500点レベルの方が、この通りに学習をすれば3か月後には900点に達することができるという内容について、これ以上ないくらいに具体的な書き方をしていますので、TOEICを勉強する人にとっては一読の価値アリ!です。

ただし、それ相応の努力が必要であることはいうまでもありません。

「ただ聞き流すだけで英語が理解できるようになる」

といった魔法のような勉強法を求めている方へのご期待には添うことができません。もしそんな方法が存在するのであれば、100万円で売っても安いくらいです。

そういった「何もしなくてもスコアが上がる」的な方法を探し求めるのはもう止めましょう。

覚悟を決めて実際に勉強を始めて、そして続ける

それが出来る人のみが、目標をとらえる事が出来るのです。

どんな資格でも、どんな勉強法で勉強したとしても、その事実は変わる事はありません。そのことをしっかり意識してほしいと思います。

英語力を身につけて、英語で稼ぐ

TOEICで900点を取れれば、英語をある程度理解できている、という証明にもなり、「英語で稼ぐ」ための原動力になるはずです。

特典にはどんな方法で私が勉強を続けたのか、などの情報を盛り込んでいますので、自分の勉強の仕方や英語力の向上に行き詰まっている方にはぜひ参考にしてほしい内容です。

購入の際の番号、お名前等を教えていただければ特典のご対応をしますので、ぜひお問合せフォームからご連絡下さい。

人間は現状にとどまりがちな生き物です。何か大きな切っ掛けがないと重い腰が上がらない、という人も多いはずです。

行動しなければ何も変わりません。しかし行動を起こせば少なくとも何か1つは変わるはずです。今のあなたの行動で、あなたの未来が大きく変わるかもしれません。

英語で稼ぎたいという人は、外からの切っ掛けを待たずに自分から行動してみてはいかがでしょうか。

↓自分の英語をお金に変えたい方は
英語飯(えいごめし):言語をキャリアに変える具体的な方法

最後までお読み頂きありがとうございます。もし少しでも役に立ちそうだと思われたら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。