TOEICで絶対役立つおすすめ問題集・教材はコレだ!~英単語編~

TOEICの教材・問題集

TOEICの教材として売っている問題集や参考書は、種類が多くて選ぶのが大変ではありませんか?

 

短期間でTOEICハイスコアを目指すなら、より質の良い教材を選びたい所ですよね。

 

数多あるTOEIC向け教材の中から、500点レベルの私が3か月で900点まで到達する時に効果的だったおすすめの教材を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

TOEIC用の英単語を覚えよう

ここでは英単語に関する教材を紹介したいと思います。TOEIC受験に向けた語彙力向上・ボキャブラリー強化には、TOEIC用の英単語帳が最適です。

 

英単語力・語彙力が乏しい場合、英語を読んだり聞いたりしても意味が理解できず勉強が苦痛になってしまいます。

 

TOEICでの目標達成に向けて、基礎・土台作りは非常に重要です。TOEIC向けの英単語がTOEIC受験に向けた土台になるのは間違いありません。

 

たまに、TOEICを受験するために「英検用」や「TOEFL用」の単語帳を使っている人もいますが、効率が悪すぎるのでTOEIC用の英単語帳に切り替えましょう。TOEIC向けよりも難しい単語が載っているのですが、傾向が違うのでTOEICに出る確率は低いものも多いです。

 

「英単語知らずして英語学習無し」

 

です。語彙力向上に励みたいものです。

 

各教材を評価しています。評価指標は下記の通りです。

対象Partその教材が対象とするPartを表します
想定スコア(下限)最低限このスコアを持っている人向けの教材
想定スコア(上限)このスコア近辺を目指す人に適する教材
おすすめ度★5段階でお勧め度を表します。

おすすめ度★★★★★であれば、文句なく誰にでもおすすめしたい教材となります。

 

 

①速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

Z会の英単語帳です。TOEICに登場する標準的な英単語を多数収録しています。ぜひ全員にお勧めしたい英単語帳です。

 

対象Part想定スコア(下限)想定スコア(上限)お勧め度(★5段階)
全パート400900★★★★★

 

内容としては各パートの形式に沿った文章を読んで単語を覚える形式の英単語帳となります。適度な分量の文章の中に、TOEICで覚えるべき英単語が散りばめられていて、自然に単語を覚えていくことができます。英文の難易度も平易で読みやすく作られています。

 

また、同じ英単語が繰り返し登場することも特徴です。「あれ?この単語ちょっと前にも見たな」という事を繰り返すことで、自然と知識として定着させていくことが出来ます。

 

何度も同じ単語を登場させるのは、英文を読む形式の英単語帳でなければできない芸当なので、この点でも本当におすすめです。

 

音声もついていますので、シャドーイングに使うなどしてリスニング対策にも使えます。

 

「語彙力向上」
「読解力向上」
「リスニング力向上」

 

というように1冊で3役をこなせる教材であり、私が勉強をし始めてから900点を取るまで継続的に使用していた唯一の英単語帳になります。

繰り返しになりますが、非常にお勧めです。

 

ちなみに、下記のブログの「ぶちねこなみこ」さんは、様々な英語学習に挫折した末、この「速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800」に行きついて読み込んだそうです。

英語力中2の私が英語学習の最初にやって挫折した3つのことと、結果行きついたこと
学生時代、英語と数学は苦手の2大巨頭でした。特に高校生になってからは、美術系に進学希望だったこともあり、これ以上こいつらを勉強して人生に意味あるのかって思ってました(^^;)。 そんな考えを変えてくれたのは、WEB業界に転身して入ったベンチ

スポンサーリンク

②速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900

同じくZ会の英単語帳です。TOEICに登場する英単語の中でも比較的高難度の単語が載っています。余裕がある方のみ取り組めば良いと思います。

 

対象Part想定スコア(下限)想定スコア(上限)お勧め度(★5段階)
全パート730990★★★

 

これも文章を読んで英単語を覚えていく形式の教材となります。

 

TOEIC向け、ビジネス向けなので英文はそれほど難しくはないですが、単語のレベルは高いです。TOEICスコア900を取りたい、という事であれば必要となる英単語も多数載っています。私は未だに覚えきれない単語がいくつかあったりします・・・。

 

当然「STANDARD 1800」に比べればTOEICテストでの出現頻度は落ちますので、余力のある方向けの英単語帳となります。

 

英単語帳は「STANDARD 1800」や後述する「金のフレーズ」に任せて、文法や長文読解など他の分野の勉強を進めるのもアリです。

 

「STANDARD 1800」と同じく、語彙力向上、文章読解力向上、リスニング力向上という目的で有用だと考えます。

 

ちなみに、「900」という数字はTOEICのスコアではなく、掲載英単語・熟語が約900語という事を表しています。

 

③TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ TEX加藤(著)

非常に有名な英単語帳ですね。TOEICで英単語帳と言えば、これを思い浮かべる方も多いと思われます。

 

対象Part想定スコア(下限)想定スコア(上限)お勧め度(★5段階)
全パート400900★★★★★

 

英単語それぞれに短い英文が付いていて、どんどん単語を覚えていける構成になっています。TOEICを分析し、TOEICに出る単語のみを掲載していますので、TOEICに特化した英単語を最短で覚えられます。

 

出版社のページから無料で音声のダウンロードが可能ですので、耳で覚える用途にも使えます。

 

④新TOEIC TEST 単語特急3 頻出語言い換え集

少し番外編ぽくなりますが、ご紹介します。

 

この問題集は、文中の単語を別の単語で言い換えるとどうなる?という問題を当てていく問題集です。なので厳密に言うと単語帳ではないですが、いわゆる「言い換え」に強くなるために役に立ちます。

対象Part想定スコア(下限)想定スコア(上限)お勧め度(★5段階)
全パート650950★★★

 

パート7では単語の言い換えが出ますし、パート2でも問題文と設問で単語を言い換えて正解にしているケースが結構ありますよね。(そして似た音の選択肢を選ぶと間違うという…)

 

ただし、この問題集に登場する言い換えは「car」→「vehicle」のような単純な言い換えではなく、「prominent」→「renowned」(著名な)のように少し難度の高いものが多いです。しかも、これはまだ簡単な方で、さらに頭をひねるような問題も多数収録されています。

 

よって、この問題集は他の特急シリーズなどで基礎力を付けた上で、さらに上を目指したい場合に取り組むと良いでしょう。かなり歯ごたえがありますよ。

 

 

英単語帳のすすめ

TOEICの英単語はビジネス寄りであり、覚えるべき単語量はそれほど多くはありません。まずは「STANDARD 1800」か「金のフレーズ」どちらかに取り組めば英単語力・語彙力向上にはバッチリだと思います。

 

どちらを選ぶかは、人それぞれの好みになりますが、

 

・単語を覚えつつ、文章読解力も身につけたい → STANDARD 1800

・短文でひたすら英単語を覚えたい    → 金のフレーズ

 

こんな感じでお選びいただければ良いかと思います。あなたが英単語帳に何を求めているかを考えてみてください。

 

最後に表にまとめます。

対象Part下限スコア上限スコアお勧め度
STANDARD 1800全パート400900★★★★★
 GLOBAL 900全パート730990★★★
 金のフレーズ全パート400900★★★★★
頻出語言い換え集全パート650950★★★

 

まとめ

・数ある教材の中から効果的なもの(評判の良いTOEIC用英単語帳)を選ぼう
・英単語知らずして英語学習無し
・英単語帳に何を求めるかで、自分にあった教材を選ぼう



最後までお読み頂きありがとうございます。もし少しでも役に立ちそうだと思われたら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

コメント