家のセキュリティレベルを上げろ!窓に防犯フィルムを貼ってみた!

これまで家のセキュリティ向上のため、防犯カメラや人感センサー、さらに窓の補助錠を取り付けてきました。多少は防犯レベルが上がったかな、と考えていました。

自分の家だけは大丈夫!そんな風に思っていませんか?犯罪はいつ何時あなたに襲い掛かってくるか分かりません。まずは家をしっかりと守りましょう。防犯カメラを設置してみたのでその意義・メリットと体験記を記します。ぜひ参考に。
家の防犯・セキュリティ対策していますか?犯罪者は人目・光・音を嫌います。今回は「光」に焦点を当て、防犯のために人感センサーライトを設置してみましたのでその一部始終をご紹介します。
空き巣の侵入は窓からが6割を占めると言われます。家の開口部と言えば窓ですからね。窓の防犯対策を行う事で、空き巣のリスクを大きく減らす事が可能です。安くて簡単な窓の防犯対策をご紹介します。

しかし実際に玄関先に置いていた物を盗られるという盗難被害に遭い、さらなる防犯対策を施す必要性を感じたのです。

悪意を持った人は世の中に一定数います。ナチュラルな悪意を持った人が・・・。家の中に入られてしまえばお終いですからね・・・

泥棒の被害に遭ってしまいました・・・。被害は軽度で、玄関先に置いてあった箱のような物を盗られただけではあったのですが、簡単に敷地内への侵入を許してしまったことがショックでした。今後の対策を考えます。

今回は家の中で出来る比較的安価な防犯対策として、窓に防犯フィルムをを貼ってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

窓に防犯フィルムを貼る効果

防犯フィルムとはどんなものなのでしょうか。私も調べてみるまでどう防犯に役立つのかを知らなかったのですが、窓に貼るだけで犯人の侵入を困難にさせる大きな効果がある事がわかりました。

ガラスが破られてもフィルムが貫通しない

これがメインの効果です。侵入者がガラスを破ろうとしても、フィルムの粘着力で
ガラスを飛散させず、侵入を困難にさせます。

そうすれば侵入者は侵入に時間が掛かるとみて、犯行を諦める可能性が高くなります。

家への侵入者は6割がガラスを破って入ってきます。

こういった粘着性のある樹脂製のフィルムをガラスに貼っておけば、たとえガラスが壊されてもフィルムの部分で破壊を食い止め、犯人を躊躇させることが可能となるのです。

侵入に5分以上掛かる場合、70%以上の犯人が侵入を諦め、さらに10分以上かかるなら90%以上が諦める、と言われています。この5分10分という時間を稼ぎ出すために防犯フィルムは大きな力を発揮するのです。

災害時にガラスが飛散しない

侵入者が破ろうとしてもガラスがそのまま保持されるという事は、地震や台風、突風といった災害時にガラスを飛散させず、二次被害を最小限に食い止める事も可能となります。

はたまた北朝鮮のミサイルが万が一にも落ちてきたような場合にも効果を発揮するでしょう。そんな事、あってはならない事ですが・・・。

8月29日早朝、北朝鮮の発射した弾道ミサイルが日本上空を通過しました。大きな衝撃を受けた方も多いはずです。このような事態が再び起こった時、私たちはどのように行動すればよいのでしょうか。「逃げる場所なんてない!」などと思考停止している場合ではありません。
北朝鮮のミサイル発射問題が連日報道されています。日本国首相は「毅然な対応」をすると言っているけど何度も発射されているし、国民もどこか他人事・・・?この問題について日本、そして日本人が何をしようとしているのか?考えてみたいと思います。

紫外線をカットしてくれる

これは今回のメインの効果ではありませんが、購入したフィルムにはUVカット効果が付いていました。

この効果により、家具焼けや床焼けといった屋内にある物の劣化を防ぐことが出来ます。

ただ、我が家は窓全面に貼っているわけではないので、この効果は限定的ですが。。(窓の鍵部分の周りに貼っています)

購入した防犯フィルム

私が購入したのは透明な平坦ガラス用のフィルムです。凹凸ガラスやすりガラスにはまたそれ専用のフィルムが販売されています。

スポンサーリンク


実際に購入したのはコレです↓

フィルムは筒状のモノに巻かれて到着します。

中にはフィルムを貼る時に使う施工液、空気や水分を抜くためのヘラ、ペットボトルに取り付け可能なスプレーのふた、「防犯対策済み」ステッカー↓

が入っていました。

購入する時は広さ当たりの単価が決まっていて、自分で大きさを指定できるタイプのフィルムになります。窓の大きさに合わせて購入できますし、値段も手ごろですのでおすすめです。

A3サイズのフィルムが2枚入っている下記の様な商品もあります。ただ、1枚や2枚のガラスに貼る分には良いのですが、家じゅうのガラスに貼ろうと思えばコストがかさんでしまいます。

家じゅうの窓ガラスに貼りたい場合は、上記のような単価が決まっていて自分で大きさを指定できるタイプのフィルムがコスパ抜群です。

まず、我が家の場合は勝手口のドアにはめ込まれているガラスが人が通れる大きさになっていて、格子なども無いので割られたらアウト、という事で2m×0.4mくらいの大きさを指定して1枚、さらに1階で人が侵入できそうな小さめの窓のサイズに合わせてのフィルムを2枚オーダーしました。

更に、はきだし窓などの通常サイズの窓についてはそのまま窓のサイズに合わせて買うと高額になりがちなので鍵部分を覆う事の出来るフィルムのサイズ、つまりA3くらいの大きさを指定して20枚程度購入しました。

こんな感じで20数枚のフィルムを買いましたが、2万円程度で済みました。クーポンも使えたので数パーセント値引きされましたしね。

実際に貼ってみた

貼るのは難しくはないですが、結構体力勝負です(笑)

中性洗剤を1,2滴スプレーボトルに入れて、水200mlで薄めた水溶液を使って窓を清掃します。

そして拭き取ります。拭く際は繊維がくっ付かないように、雑巾等ではなくキッチンペーパーを使うと良いでしょう。

そして施工液も事前にスプレーボトルの中に入れて希釈して使います。これも中性洗剤でしょうか・・・。フィルタには糊が付いているというか、粘着質ですし「施工液は糊ではありません」的な説明もありました。

吹き付けて拭くと若干泡立ちますし洗剤の類ではないかと考えます。イマイチ正体が分かりませんが、フィルターを貼る前に窓に十分に吹きかけます。

フィルタを触る時に指にも付けましょう、と説明書きがあるので体に有害なものではないでしょう。

そして施工液で濡れたままの窓に、フィルタを貼り付けます。今回は鍵の周囲を覆うようにフィルタを貼り付けました。(フィルタにも施工液を吹きかけておきます)

その後、ヘラを使って施工液や空気を外へ押し出します。片手にヘラ、他方の手にキッチンペーパーを持って拭きながら作業すると良いでしょう。

十分水分と空気を抜くと、窓とフィルムが一体化して剥がれなくなります。これが、窓の破壊を食い止める事になり、侵入を思い止まらせることに繋がるのです。

また、フィルム透明なので特に違和感はありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。家のセキュリティレベルをを上げるための防犯フィルムの設置についてご紹介しました。

若干ですが、家の防犯のレベルが上がったはずです。

しかし、手段を選ばない犯罪には太刀打ちできない可能性はあります。車などで突っ込まれれば一たまりもないですし、想像の上を行かれてしまえばなす術などないのかも知れません。

しかし、犯罪者の多くは人目を避け、静かに家の中に侵入してきます。その時、防犯フィルムによる窓の破壊防止は、侵入者に対する大きな抑止力となるはずなのです。

防犯対策はいくらやってもやりすぎ、という事はありません。対策をやらないよりはやった方がはるかにマシ、という事を肝に銘じて、自分の命家族の命財産を守るために行動できると良いですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。もし少しでも役に立ちそうだと思われたら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする