多摩川で開催される調布市花火大会で写真を撮ってきた!秋の風になびく大輪の花を堪能

旅行・イベント・体験

花火大会と言えば夏の風物詩というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、数年前に多摩川で開催された調布市花火大会は秋口に行われました

その花火大会の模様を写真に納めてきましたのでご紹介します。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

そんなに大規模な花火大会じゃないが、秋の風と相まって風情があった。

 

↓二ヶ領上河原堰付近で見物しました。

 

”調布市”花火大会と言いながら、風向きや撮影場所を考慮して川崎市側の土手から花火を撮影する事にしたのです

日中はそれなりに気温が高かったですが、10月下旬という事で花火の打ち上がる夜間はかなり冷え込んだので防寒着は必須でしたね。

それでは多摩川周辺の風景や煌びやかな花火をご覧ください。

 

スポンサーリンク

花火の撮影に三脚は必須

とその前に、花火の撮影は真っ暗闇の中でか細い光を捉える必要があるわけですが、カメラのISO感度を高くするとノイズまみれになってしまいます。

よって基本は最低感度のISO100に固定するとノイズなく綺麗に撮れます。

また遠景を撮るのでF値もF10など大きくする必要があります。

 

そうすると光を十分に取り入れるために露光時間は「10秒」などかなり長くする事になるわけです。

まとめると

・ISO:100
・F値:F10
・シャッタースピード:10秒

といった条件が必要でマニュアル撮影をする事になるわけなので、こんなのは手持ちでは絶対に撮れません。

よって「三脚」が必要になってくるわけです。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

お安い三脚で良いので一つ持っておくと夜景時の撮影の幅が広がる。

 

↓こんな感じの安価な三脚でも行けます。

 

↓夜景の撮影方法などを解説した記事を書いていますので参考にどうぞ。

高画質?ブレない?初心者でも簡単!速攻で綺麗な写真を撮る方法
旅行先の景色を美しく撮りたい!子供の成長の記録を綺麗に残したい!なんて思いつつも中々思うような写真が撮れない・・・。そんな方に簡単な方法で綺麗な写真を撮れる方法を、易しく理屈も交えながらご説明したいと思います!

 

多摩川の風景

さて「花火撮影の手法」という脇道にそれてしまいましたが、本題という事で花火大会が行われた多摩川周辺を見てみます。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

まだ花火見せないのか・・・。

 

川崎市の稲田堤駅から20分ほど歩いて、二ヶ領上河原堰の周辺を目指します。その近辺の土手から花火を撮影するためです。

 

秋の花を愛でる

道中、秋を感じながら多摩川へと歩きました。

10月は春と違って花粉症に悩まされることがないので散歩が気持ちいいんですよね~。

 

↓淡いブルーの花びらが可愛い花に出会います。

 

↓こちらはショッキングピンク。

 

↓10月ということでキンモクセイも花を咲かせていました。

 

 

快晴さんぽ
快晴さんぽ

キンモクセイの香りがすると、秋が来たなぁと感じる。

 

スポンサーリンク

多摩川の土手で自然を感じる

稲田堤から20分も歩けば河川敷到着です。

多摩川は雄大で良いですね~。

 

↓向こう岸には調布市の街並みが見えます。空が澄んでいて見通しが良かったですね。

 

 

快晴さんぽ
快晴さんぽ

夏ではなく秋に花火大会をやると空気が澄んでて、より綺麗に見えるのかも。

 

↓二ヶ領上河原堰です。広大な河川にこういった人工物が佇む風景が結構好きです。

 

河川敷にも植物が生い茂っています。

↓こちらはコスモス(?)ですかね。オレンジ色が鮮やかです。

 

↓ハチが蜜を吸っている場面に遭遇しました。冬の備えですかね・・・。

 

 

快晴さんぽ
快晴さんぽ

秋に昆虫の姿を見ると若干のもの寂しさを感じる。

 

↓徐々に日が落ちていきます。花火大会開始までもうすぐ・・・。

 

 

快晴さんぽ
快晴さんぽ

日が傾いていくのに合わせて気温が下がって行った。秋の花火に防寒具は必須だ。

 

調布市花火大会の大輪の花

それではいよいよ花火を見ていきます。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

カメラ手持ちでは撮れない光の軌跡・・・!

 

↓綺麗な三輪の花です。色が鮮やかですね。花火は心を打ちます。

 

↓ピンクが眩しい。

 

↓横撮りに変えてみます。闇夜に浮かぶ煌びやかな花・・・!

 

↓色鮮やかな花がたくさん。

 

↓時々大輪の花が咲きます。

 

快晴さんぽ
快晴さんぽ

花火大会では数少ない大きな花火が醍醐味。

 

↓ちっちゃいヤツが連続で。

 

↓色鮮やかなドでかい花が・・・!

 

↓さらにその日一番の巨大花火!!

 

快晴さんぽ
快晴さんぽ

カメラレンズに収まりきらないところだった(汗)

 

↓深紅の花。

 

↓もいっちょ大玉を。線が細くて美しい・・・。

 

 

快晴さんぽ
快晴さんぽ

花火大会は色々は花火の表情を捉える事が出来るので面白い。

 

また花火を撮りに行ってみたいですね。

 

まとめ~秋の調布花火~

以上、ちょっと前の調布市花火大会の模様をご紹介しました。

花火大会って真夏に開催されているやつしか行ったことなかったんですが、秋の花火も良いものだなぁ、としみじみ感じた次第です。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

散りゆく花火が季節と相まって哀愁を感じさせる・・・。

 

超有名な花火大会と違ってそこまで混雑はしないので、調布市花火大会おすすめですよ。

快晴さんぽ
快晴さんぽ

三脚を設置するスペースくらいは難なく確保できたのだ。

 

次はどの花火大会に行きましょうかね~。

 

https://kaisei-eigo.com/sembako-kairakuen-koubuntei
侘び寂びに趣を感じる「百草園」に行ってきた!四季を感じる日本庭園はとても綺麗だった…!
日々の日常に疲れると、無性に何も考えずに自然に身を任せたくなります。そんな時にピッタリなのが「京王百草園」です。豊かな自然と趣ある建物が迎えてくれて、その場にいるだけで心が洗われますよ・・・。最寄駅から歩いて行けるので散歩に行ってみませんか。
神代植物公園・深大寺は心癒される憩いの場~京王線調布のおススメお出かけスポット~
東京都調布市が誇る癒しスポット、神代植物公園と深大寺は散歩するのにピッタリの場所でして、ウォーキングが趣味の私快晴さんぽのお気に入りの場所でもあります。四季それぞれで撮影した写真と共にその魅力をご紹介したいと思います。
茨城への旅行!日本三名瀑「袋田の滝」と「ひたち海浜公園」で遊んできた!
「魅力度最下位」と揶揄される茨城県ですけど、結構面白い場所もあるんですよ。今回は日本三名瀑「袋田の滝」と巨大な公園「国営ひたち海浜公園」に遊びに行ってきたのでその魅力をご紹介します!ぜひ茨城へ行ってみて下さい~。
京王あそびの森HUGHUG(ハグハグ)がおすすめ!子供が伸び伸びと遊べる!
暑い夏、暑すぎる夏、屋内で遊べる場所はないかと探して見つけた「京王あそびの森HUGHUG(ハグハグ)」に行ってきました!子供はもちろん大人も楽しめる遊具が出迎えてくれましたよ!屋内の遊び場をお探しの方はぜひ参考にどうぞ。
田舎体験レポート!都会で消耗したあなたに~身も心もリフレッシュ~
あなたは都会での生活に疲れ切ったりしていませんか?そんな時はリフレッシュが必要です。新潟で田舎体験に参加してきたのでレポートしてみます。子供の経験としてもためになりますし、身も心もリフレッシュできますよ!

 

最後までお読み頂きありがとうございます。もし少しでも役に立ちそうだと思われたら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

コメント