京王あそびの森HUGHUG(ハグハグ)がおすすめ!子供が伸び伸びと遊べる!

旅行・イベント・体験

子供と休日に遊ぼうと思っても、暑くて暑くて屋外ではとても遊べなかったので、屋内で遊べる「京王あそびの森HUGHUG(はぐはぐ)」に行ってきました!

木のぬくもり溢れる遊具がとても楽しいのですが、他では見た事のない度肝を抜く遊具もあったりと、とても楽しめました。

1~2時間くらいで十分かな、と思っていたのですが、3時間も遊んでしまいました・・・。

「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」
京王電鉄が2018年3月13日、日野市多摩動物公園前にオープンする「木のぬくもりにふれながらあそべる屋内施設、京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」の公式サイトです。

 

メインの遊具が屋内ありますので、暑い夏に限らず、寒い冬でも大丈夫!ということで季節を問わず遊ぶことが出来ます。

 

また最寄りの多摩動物公園駅にはハグハグのみならず駅名通り多摩動物公園もあり、京王レールランドという遊び場もあったりと、京王線及び多摩モノレール随一の遊びスポットとなっています。1日では遊び尽くせず、堪能しようと思えば2、3日はかかるでしょう。

実際に遊んでみた感想も交えながら、HUGHUG(はぐはぐ)の遊具などについてご紹介したいともいます。お休みのお出かけのご参考にぜひ。

 

スポンサーリンク

HUGHUG(ハグハグ)名前の由来

HUGHUGは「育みハグする施設だから」HUGHUGという名前になったそうです。確かにメイン遊具と言えそうなデカいヤツ(後述)の内部では、子供とハグしまくった記憶があります。

 

木の温もりにふれながらあそべる屋内施設

と銘打っている通り、木でできたおもちゃ、木でできた遊び場がたくさんあり、子供が活動するにはとても良い場所だと感じました。

 

目の前には多摩動物公園

HUGHUGの遊具紹介の前に、一言。

道路を挟んで反対側には、多摩動物公園がどどーんと構えています。この動物園、相当広いことに加えて、高低差が結構ありますので、足腰が鍛えられますよ~。

午前中にHUGHUGで遊んで、午後に多摩動物公園で散策するというスケジュールも可能ですが、遊び疲れた子供にはきついものがあるかもしれませんので、日を分けてみるといいかもしれません。

多摩動物公園公式サイト - 東京ズーネット
多摩動物公園の最新情報や、動物に関するニュースがいっぱいの公式サイト。開園日、イベントカレンダー、見どころなどをわかりやすく紹介。

頭上は多摩モノレール

 

さらには、運転体験やジオラマ観察が出来る「京王レールランド」も隣接しています。キッズルームも完備です。

京王れーるランド
鉄道の仕組みを学び・体験! 京王電鉄の電...

 

多摩動物公園駅には遊びスポットが満載です。

 

大人も楽しめる巨大な遊具

HUGHUGのど真ん中にそびえ立つのが「ハグハグのき」です。これを目当てに遊びに行ったと言っても過言ではありません。

一番人気かつ恐らく重量制限があるため予約制になっていました。

 

網目状のネットが張り巡らされていて、掴まったり転んだりしながら横へ上へ下へ動き回ることが出来ます。これ、結構バランスをとるのが難しかったり足の裏がちょっと痛かったり、中々大変です。

特に下から上に上がる時に通る狭いアミアミ通路は結構大変・・・。良い運動になりました。

↓内部の様子。歩くだけで一苦労!でもそれが楽しい!!

ちなみにこの遊具は指割れしていない靴下を履いて遊ぶことになります。裸足だとネットの隙間に指が挟まってしまうからです。

 

靴下を履いてないと中に入れません!買いに走らされるので注意です!特に子供の靴下!

 

↓こんな風に天井付近を這って前に進むところもあります。子供は5回(!)くらいこの天井付近を闊歩してました。自分はギブアップ・・・。

 

↓ハグハグのきを下から見るとこんな感じ。ハグハグのきの下は「もりのひろば」という名前で広々とした空間があり、乗り物遊具や、飛び跳ねて遊べる大きなマットが置いてありました。

 

屋内で遊べる色々な遊具

1階はハグハグのきよりもマイルドな遊具がたくさんでした。

↓「もりのあそびば」にはボールの海や滑り台などがあり、それほど体力を使わずとも遊べる場所になっています。

 

↓滑り台です。右奥に見えるのが「もりのひろば」の巨大なマットです。それにしても子供ってジャンプするのが好きですよね。なんですかね、あれ・・・。大人になると飛び跳ねたい欲求は皆無になるのに・・・。

 

↓ボルダリングなんかもありましたね。

 

そして屋外には「ぼうけんのもり」という場所があります。ターザンロープが子供に人気。ただ、屋内遊具の力の入れ方に比べると、いささか物足りなさはありましたね。やはりHUGHUGの遊びは屋内メインです。

 

乳児・幼児も遊べる!

ちっちゃなお子さんが遊べる場所もありました。

はいはいパーク」には木のボールや木の積み木があります。(写真を撮り忘れました・・・。)

 

↓そして「きりかぶハウス」には木で出来た知的遊具が数多くありましたね。おままごとセットや木のボール、パズルチックなやつとか。

子供が一番興味を示していたのは、2階でボールを坂道に放して1階にあるボール入れまで転がす(重力で転がる)遊具でした。まさにピタゴラスイッチ!!って感じで、大人が見てても楽しめましたね。

 

 

おひさまラボ(そらのひろば)とハグハグトレイン(くものえき)

写真を撮りそびれたのですが、「おひさまラボ」でお絵かきカレンダーみたいなやつを作りました。あと、有料でしたがバッジ(?)のようなものを作るワークショップもありましたね。体を動かすのに疲れたらここで遊びましょう。

また館内を、「ハグハグトレイン」と名のついた汽車(!)が走っています。男の子にはたまらんのではないでしょうかねー。

 

カフェやお土産屋もあり

ご飯が食べられるカフェが併設しています。ちなみにHUGHUGの中から入るのではなく、外からカフェに出入りできます。よってカフェのみの利用であればHUGHUGの入館料は不要です。

私たちが行った時はお昼時ということもあり、超満員(待ち行列が10組くらいあった)だったため、泣く泣く別の場所で昼食をとることになりました。。

ちょっと時間をずらして行くべきですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。HUGHUGでの遊びをご紹介しました。巨大なあみあみ遊具「ハグハグの木」をはじめ、大人も子供も楽しめる屋内スポットでした。

酷暑の日、極寒の日など、外では遊べないなぁという時の強い味方になってくれそうです。もちろん外で遊べる日だとしても、全然楽しい屋内遊技場です。

「屋内で遊べる楽しい場所ないかなー」

という方はぜひ参考にどうぞ。

どんな子供とも絶対仲良くなれる簡単な方法10選!経験して分かった!
子供ってなかなか心を開いてくれなかったり、かと思えばいきなり距離が縮まったり、面白い存在です。自分の子供、甥姪、保育園や小学校の子供たちと仲良くなりたいと願う人は多いと思います。経験を元に子供と簡単に仲良くなる方法をご紹介します。
夏だ!プールだ!ウォータースライダーだ!上越国際プレイランドへ遊びに行ってきた!
夏休みの子供の遊び場、上越国際プレイランドへ行ってきました。メインはプールやウォータースライダー、ワイルドリバーといった水辺での遊びです。それ以外にもいろいろな催し物・施設・遊び場があって2日では遊びきれないほどでした!
田舎体験レポート!都会で消耗したあなたに~身も心もリフレッシュ~
あなたは都会での生活に疲れ切ったりしていませんか?そんな時はリフレッシュが必要です。新潟で田舎体験に参加してきたのでレポートしてみます。子供の経験としてもためになりますし、身も心もリフレッシュできますよ!
https://kaisei-eigo.com/bring-up-a-child-failure

 

最後までお読み頂きありがとうございます。もし少しでも役に立ちそうだと思われたら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

コメント