摂取するだけで頭が良くなるサプリメント・食品!限りある時間を有効に使え!

能力開発・勉強法・資格取得

仕事、語学、受験など何かを達成する時、一生懸命勉強することは大切です。むしろ勉強なくして目標を達成することはできないでしょう。ただ忙しい現代人はなかなか勉強に使える時間を確保するのが難しかったりするんですよね・・・。

 

そんな事情もあるので勉強の効率を上げてより早く物事を理解したいですし、勉強期間はなるべく短縮したいはずです。そうすればモチベーションも保てますし、目標達成までの期間短縮により他のやりたい事へ時間を割り当てる事が出来ますよね。

 

今回は実際に自分で飲んで試した「頭が良くなる」「脳の回転が速くなる」サプリを紹介したいと思います。

 

絶対に成功させたい目標に向け少しでも頭の回転を速くしたい!という強い意思をお持ちの方はぜひ参考にしてみて下さい。

もちろん個人差がありますので、人によって効果のあるなしが分かれます。効く効かないを確認する意味でも試してみると良いでしょう。

 

 

イチョウ葉

最初「イチョウ?なんで頭が良くなる効果があるの?」という疑問がよぎったイチョウ葉エキスサプリ

 

イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドによって血管拡張作用、動脈硬化の改善、血糖値正常化など多様な効果が期待できます。イチョウ葉エキスを摂取すると血液が流れやすくなるんですね。

 

特に注目すべきは脳の血流改善です。この作用により頭の回転が早まり集中力が上がります。イチョウ葉摂取の効果は実感できるまで2か月くらいかかりますので、大事な試験などがある数か月前から飲み始めると良いですよ。私もTOEICの試験を受ける3か月前に飲み始めました。

 

イチョウ葉にはギンコール酸というアレルギー物質が含まれています。これは皮膚炎や腹痛などの副作用を引き起こす可能性があります。よってイチョウ葉サプリメントを購入する際はなるべくギンコール酸が除去されているものを選ぶと良いでしょう。

 

DHA・EPA、αリノレン酸

油って体に悪いイメージがありますが、青魚に含まれる不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸)はサラサラで体に良い油として有名ですね。冷たい海でも活動的に動くため、魚には固まりにくい油が必須なのです。

 

これは人間の脳にも好影響をもたらす油です。脳を活性化させる方法として、こういった脳に良い油を摂取する、という方法があります。

 

ただ毎日魚を食べ続けるのもなかなか大変ですから、手軽にサプリや油そのものとして摂取することで魚を食べる代わりにする事が出来るのです。

 

それが植物性のアマニ油エゴマ油です。これらの油にはα-リノレン酸が多く含まれていて、体内に入るとDHAやEPAに変化する性質を持っています。脳への良い栄養補給源になります。

 

覚えるのが苦手なあなたに。記憶力を高めて知識として定着させるには
何を隠そう、わたし快晴さんぽは記憶力が悪いです!覚えるのが苦手なんですよね。なんというカミングアウト・・・。 例えば飲み会や外食などで訪れたお店の名前を覚えている人いますよね。私は全く覚えられないです・・・。興味がないってのも...

 

アマニ油やエゴマ油は熱で劣化しやすいので、生でサラダにかけるなどして摂取すると良いでしょう。

 

魚を食べるのも面倒、油そのものを摂取するのも大変、という事であれば「サプリメント」で摂取するという方法もアリですね。自分に合った「良い油」摂取方法を試してみて下さい。

 

 

ホスファチジルセリン

あまり聞き慣れない名前かも知れないですが、近年注目が集まってきている脳の栄養成分です。テレビ番組「世界一受けたい授業」で取り上げられて少し有名になったようです。

 

「ホスファチジルセリン」は脳を活性化させる効果があると言われている成分です。具体的には次のような効果があります。

 

「脳の情報伝達能力向上」「学習能力・脳機能の向上」「認知症改善効果」「脳のアンチエイジング」「抗ストレス、うつ病改善効果」いかがでしょうか。脳への好影響が期待できます。

気分の落ち込みを食い止めるサプリメント。憂鬱や不安、ストレスを吹き飛ばせ!
不安がぬぐえない、ストレスがきつい、心が沈む、日々心の不調と闘っている人は多いです。仕事や生活をするのもままならないのであれば不調を軽減する対策を考えてみる必要があります。実際に試して効果のあったサプリなどをご紹介します。

 

ホスファチジルセリン脳の細胞膜を柔軟に保つ作用があるのです。細胞膜が固くなると、本来取り込むべき栄養素の吸収が阻害されてしまったり、老廃物の排出がスムーズに出来なくなったりなどの悪影響が生じます。細胞膜が軟らかくなることで脳の機能を維持・向上させる効果が期待できるのです。

 

また脳の血流がスムーズになる効果もありますから、学習能力向上の他、抗ストレス効果も期待できます。よってうつ病など精神状態の改善にも大きな期待が寄せられているのです。

 

実は私はこの「ホスファチジルセリン」を、抗ストレス効果目的で飲み始めたのです。ところが頭の切れも同時に改善してくる感覚を持ち、調べたところ「脳の回転を速くする」効果もあるという事を発見したのです。

 

効果が期待できる一日のホスファチジルセリン摂取量は100mg~200mgくらいです。大豆製品や肉類に含まれていますが、その含有量は微量であるためサプリメントでの摂取が有効です。

 

 

L-テアニン

お茶に含まれるうま味成分で、リラックス効果、学習改善効果などが期待できます。お茶を飲むとホッとするのはテアニンの影響もあるのです。

 

ラットを使った研究ではL-テアニンを投与すると記憶力や学習能力が高まることが示されています。これは投与されたテアニンが血液脳関門を通り脳に入り、神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンの濃度に影響を与えたためだと結論付けられています。

 

また睡眠改善効果もあるようです。

 

効果の期待できる1日のテアニン摂取量は100mg~200mg程度となります。お茶で摂取しようとすると200mgのテアニンを摂取するためには20杯ほどの煎茶を飲む必要があります。お茶にはカフェインも含まれていますし、この量はなかなか飲めませんよね。サプリメントでお手軽に摂取することをおすすめします。

 

リラックス効果・睡眠改善効果と同時に学習能力も向上させたい方はぜひテアニンを摂取してみて下さい。

 

 

GABA

GABAが入ったチョコレートか何かのCMで「ストレス社会と闘う人に!」といったキャッチフレーズを聞いたことがあるかもしれませんが、リラックス効果を期待できる成分としてGABAは有名ですね。

 

 

ラット実験により脳の学習行動に好影響がある事が実証されています。また人間でも実験がなされていて小学6年生による学習効果が実証されています。

アミノ酸「GABA」摂取による、子どもの『学習の効率』向上を確認 – ギャバ・ストレス研究センター

 

これはGABA100mgを含有するチョコレートを摂取するGABA群と、摂取していないプラセボ群に分けて検証を行ったもので、GABA摂取は「学習ストレス」を軽減させる効果があること、さらに「学習の効率」を高める可能性があることが示されています。

 

 

質の高い休息×スムーズな導入【Dr’sラフマ葉GABA】

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。「頭の回転を速める」効果のあるサプリメント・食品などを紹介しました。

 

一番重要なのは「勉強する事」ことである事に間違いはありません。行動しなければ何も変わらないのは事実です。

 

しかしその勉強や行動を補強するための「助っ人役」として使えるもの、ここでは「頭の回転を速くする効果が期待できるサプリメント」を紹介しましたが、自分に合うものは使ってみましょう。

 

私たちの人生は限りがあります。有効に時間や能力を使うために、ぜひ試してみて下さい。

情報処理能力を高めるには。現代に生きる私たちに必須のスキル。
現代社会は、インターネットの発達などにより良い情報・悪い情報問わず溢れていますね。自分に必要な情報のみを取り入れるスキルを身につけなければ、情報の波に飲まれてしまいます。ここでは情報処理能力を高めるための秘策をご紹介したいと思います。
頭の回転を速くする9の行動 仕事に!勉強に!人生で損をしないために。
仕事や勉強など普段の生活の中で、「もっと頭の回転が速ければな・・・」と思ったことはありませんか。普段の生活を少し変えるだけで、脳は活性化されていきます。頭の回転を速くするための行動を紹介しますので、ぜひ普段の生活に取り入れてみてください。
集中力を極限まで高める8つの方法。簡単な方法であなたが変わる!
大事な場面で集中力が途切れて散々な結果になってしまった、という経験をお持ちではないですか?ここぞ!という場面で集中力を維持するための方策をご紹介します。シチュエーションに応じて、また自分に合った集中力向上のやり方を持っておきましょう!

 

最後までお読み頂きありがとうございます。もし少しでも役に立ちそうだと思われたら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

コメント