鈍感力を鍛えるには?自分の心を守ってストレス社会を乗り切れ!

鈍感力」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

「鈍感力」とは何でしょう。周りの事に鈍感になって何も感じなくなる事でしょうか・・・?いえ、違います。

鈍感力を鍛える、というと何となく違和感がありますが、こんな風に考えてみてください。

例えば会社で気に入らない人がいたとします。その人の言動がどうも気に障るのです。しかし、他の同僚はその人の事を気にせずに普通に話をしています・・・。

①「また嫌味言ってる。本当やな奴だ…。あーもう仕事やりにくい」

②「まーたおもろい事言ってんな。気にしないで仕事仕事」

あなたはどちらですか・・・?

また、こんな場面を想像してみてください。仕事や日常生活の場で目上の人に叱られることがありますよね。その後に

①「自分はもうだめだ・・・何も手に付かない…」

②「よし、これがいけなかったんだな!直して次行こう!」

これまたあなたはどちらでしょうか??

どちらの考えをした方がより良い人生を送る事が出来るでしょう?もちろんこれだけで安直に判断はできませんが、いずれの場面も少なくとも後者②のような考え方をする事により、より建設的に物事を進められるはずです。

逆に①のように腐ってしまうと、ネガティブな考えが頭を巡ってそれを引きずってしまい、仕事や日常生活に支障をきたしてしまうでしょう。

自分の体や心にダメージを与えるような出来事に出会った時に一時的にネガティブな反応をしつつもそれを長引かせず、切り替えて次へ進める力、それが「鈍感力」です。

あまりに敏感な人は大きなストレスを抱えて、下手をすれば病気になってしまうのが現代社会です。

周囲からの影響ですぐに落ち込んだり、怒ったり、やる気がなくなったり、そんな事の繰り返しのせいでやるべき事が手が付かず、前に進んでいる感も全くなく、さらにネガティブモードへ落ちて行くことになります。

神経質な人は大変なんです・・・。

良い意味で「鈍感」に物事をとらえることにより、スムーズに人生を歩んでいけるようになるはずですので、ここでは「鈍感力」を鍛えるにはどうしたら良いかを考えてみたいと思います。

人生は選択の連続であり、その度に私たちは判断をして自分の進む方向性を決めています。この判断がうまい人もいれば、下手な人もいます。ここでは判断力が乏しい人の特徴を挙げ、どうすれば改善する事が出来るのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鈍感力を高めるには

鈍感力とは周りからの働きかけを無視する力ではありません。受け止めつつもネガティブを引きずらず切り替えて次へ進むことのできる力です。

鈍感力を鍛える方法を挙げていきます。

あるがままを受け入れる

何か受け入れがたい事が起こった時に、拒絶反応を起こして心身ともに病んでしまう人がいます。

気持ちは非常によくわかります。何か嫌な事があった時には「なんで自分がこんな目に・・・」という思いを誰しもが持つものです。

しかし病んでしまえば自分の生活がままならなくなってしまいます。人生は一度きりです。

長い一生の中で嫌な事、苦しい事が襲ってくることはある程度避けられません。その度に心と体の調子を崩してしまうのは、とてももったいないと思いませんか。

嫌なことが起こった時、それをそのまま、あるがままに受け入れてみてください。

「こんな嫌なことがあった。」
「こんな事もあるさ、仕方ないや」
「だけど自分は生きてるし、これからも何とか生きて行けるだろう」

というように、嫌なことは自分を苦しめるものではなく、人生の一経験くらいの心持ちで過ごせると良いですよ。

「またこんな事があったよ。まぁいいや!」

ってね。

「頑張れ!頑張れ!」と言われて逆に落ち込んでしまった、という人はいませんか?頑張っている人に対してさらに頑張れと声を掛ける事は逆効果になりかねません。その代わりに、「安心」「信頼」を呼び起こす言葉を考えてみました。

他人は変えられない事を理解する

自分に大きなダメージを与えてくる存在、それは近くにいる他人です。会社の同僚だったり家族の事もあるでしょう。

「なんであんな嫌味を言ってくるんだろう・・・」

と思う事、誰でもありますよね。あの嫌味を止められたらなぁ、って。

でも自分では他人をコントロールすることはできないのです。そのことを理解すべきです。

つまり、周りの人が気に入らない事をしていたり、自分が上から叱られたり、といった事があっても

「うん、この人はこう言ってるな。自分の意見とは違うけど、そういう人もいるんだな」

と、他人の意見を受け入れつつも深刻に捉えすぎない事が大切です。相手も大して意味もなくやっている可能性だってあります。こちらが必要以上に深刻に捉えていたら馬鹿らしいじゃないですか。

他人は自分の事にそんなに興味はありません。自分だって他人に対してそんなに深刻にならなくていいのです。

もしも自分が人から嫌われているとしても、それはそれでいいでしょう。誰しも相性というものがあります。

気に入らない人の一人や二人は、誰しもいるはずなのです。

誰かに嫌われるとまるで世界の終わりが来たかのように落ち込む人がいますが、嫌いな人がいる、嫌われる人がいる、それが普通なのだと理解しましょう。

他人は変えられないが、自分の気持ちは変えられるはずです。

「面倒だからあとでやろ」こんな考え、結構しがちです。それは人間の脳が現状維持大好きだから。でも行動しないと何も変わりませんよね。脳の足かせを超えて、自分を高めていける方法を探ります。

良い面を見つける

他人からのストレス、環境によるストレス、いつも自分を苦しめる社会。こんな苦しい感覚で過ごしている人は多いです。

そんな時は、そのストレッサーの「良い面」を意識的に探してみてください

「嫌いなヤツに良い所なんかない!」

スポンサーリンク


と思う気持ちはよく分かります。それでも何とかひねり出してみてください。無理やりにでも。

例えば、叱られた時は「また一つストレス耐性が身に付いた!」「ちょっとだけ仕事が前に進んだ!」と考えてみたり、望んでもいない見知らぬ土地に異動になってしまったときは「観光地巡りが出来る!」「良い出会いがあるかも!」なんて考えてみたりします。

嫌いな人の良い面を見つけるのではなくても、悪い事が起こった時にその事自体の良い面、自分に対するメリットなどを考えてみるのです。何でもいいんですよ。例えば電車に乗り遅れた時に

「一駅歩いて行けばダイエットになる!」

なんて考えられる人が、人生を豊かに生きていける人だと思うのです。難しくもありますが、少し意識してみるだけでも変わってくるでしょう。

あらゆる物事は表裏一体です。良い面もあれば悪い面もあるのです。嫌な奴にも良い面があるかもしれません。悪い所ばかり気にしてネガティブになるのではなく、少しでも前向きになれる所を探してみましょう

現代社会は、インターネットの発達などにより良い情報・悪い情報問わず溢れていますね。自分に必要な情報のみを取り入れるスキルを身につけなければ、情報の波に飲まれてしまいます。ここでは情報処理能力を高めるための秘策をご紹介したいと思います。

言葉にする

良い面を見つけたら言葉にしてみます。

言霊という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「言葉は現実味を帯びる」と言います。言った事・書いた事は実現するのです。

仕事の残り時間が一時間のとき

「もう一時間しかない・・・」

ではなく

「あと一時間もある!」

と捉えて実際に口にしてみます。自分でその言葉を認識することで、心にも好影響を与え仕事がうまくいく可能性が高まるのです。

言霊、意識してみて下さい。

「やってみますが、難しいです」→「難しいですが、やってみます」
→プラス言葉で締めくくる。

「上司はいい加減な人」→「上司はおおらかな人」
→特質を説明する時はプラス表現で。

「遅刻しないように」→「10分前には着こう」
→否定ではなくやるべき事を表現する。

「その案はダメだ」→「良いね!もし~だったらどう?」
→否定で終わらせずに前向きに受け止める

どうです?ちょっと意識すれば出来そうでしょう?今日からやってみましょう、ぜひ。

客観的に考える

誰しも自分の心がダメージを負った時に「もうだめだ・・・」と考えてしまいがちです。

そこで、少し客観的に考えてみませんか?

「自分の心は今少し傷ついてるな」
「ちょっと気分転換するか」
「まぁ3日もすれば落ち着くだろう」

というように自分の気持ちを一歩引いて考えてみてください

私たちは他人の心を見る事は出来ませんが、自分の心を他人が見る感覚で考えてみるのです。第三者的な立場から自分を見てみる、と言ってもいいかもしれません。

これは冷静になって心を落ち着かせる効果がありますので、ぜひ試してみてください。

仕事や勉強など普段の生活の中で、「もっと頭の回転が速ければな・・・」と思ったことはありませんか。普段の生活を少し変えるだけで、脳は活性化されていきます。頭の回転を速くするための行動を紹介しますので、ぜひ普段の生活に取り入れてみてください。

完璧主義をやめる

何事も満点を目指さないと気が済まない、そんな人はいませんか。

学校のテストで100点満点しか許さない、他人には常にいい顔をする、会社で絶対に上司の命令通りに動く・・他人や自分自身の顔色を窺って常に完璧な自分を演じる、そんなの疲れるだけです。

他人はそんなに自分の事に関心はありません。自分もそこまで自分自身を追い詰めなくても良いのではないでしょうか。

「まぁ80点くらい目指せばいいかぁ~」

「今日は70点!よくやった!寝よ!」

これくらい肩の力を抜くことを覚えるとうまく物事を進めていける、そんな気がしています。

過敏な反応をやめる

少し嫌な事があるとあからさまに嫌そうな顔をして、他人を攻撃したり無視したり、とった反応をする人っていますよね。

敏感に反応すればするほど自分もヒートアップするし相手からも反発を受けてしまいます。これでは自分自身も周りの人も誰も良い気分になれません。

少し変えてみませんか?

過敏に反応することを抑えるのです。何か嫌な事があっても「ふーん」くらいな感じで済ませるように意識してみるだけで大分違いますよ。

「自分は敏感に反応し過ぎるから、もう少し大らかに人生を歩いて行きたい!」

と自分自身に言い聞かせてみて下さい。人生が好転するきっかけになるかもしれませんよ。

気分転換を取り入れる

鈍感力を磨くことで何とか心を安定的に保とうと思っても、何度もストレスにさらされれば心身は疲れていきます。そんな時は一息入れてください。

会社を休んだっていいのです。自分がいなくても会社は回ります。「自分がいなきゃ仕事が回らない・・・」なんて思う必要は全くありません。そして会社の事を頭の外に出してしまって自分の好きなことをするなど、目いっぱいリフレッシュしましょう。

私も昔は会社を休んでいても「あー、休み明けの仕事が気になる・・・。あの仕事はどう進めよう・・・」などと、休みなのに気分を落ち込ませていました。

しかし今は休みの日は仕事の事を考えない事にしています。休みの日に仕事するわけではないので、考えても仕方がないからです。

休むときは休む!メリハリをつける事を意識しましょう。

信念を持つ

自分の軸となる考え、つまり信念を持つことにより、ブレる事のない自分を貫きます。これにより周りに何を言われても気に病む必要がなくなるのです。

「あいつ、あんな事言ってるけど、俺の考えとは違うからまぁ放っておこう」

くらいの感覚で丁度良いです。

もちろん意固地になって相手を拒絶するのはいけません。相手の意見を取り入れつつ自分の信念に肉付けしていく、くらいの感覚が丁度いいでしょう。

信念がない、というのが最もまずい事です。何を言われてもその言葉に強く影響されてしまうからです。

「あの人があぁ言っている・・・。やっぱり従った方が良いのかな、やだな・・・」といった事を繰り返し、心身が悲鳴を上げてしまいますよ。

大事な場面で集中力が途切れて散々な結果になってしまった、という経験をお持ちではないですか?ここぞ!という場面で集中力を維持するための方策をご紹介します。シチュエーションに応じて、また自分に合った集中力向上のやり方を持っておきましょう!

受け流す

周囲からの攻撃に対していつも真正面から反応してしまうと疲れます。そういう場合は「また言ってるな。言ってる事は聞きつつも流そう」という意識で、さらりと流してしまいましょう。まともにぶつかるだけがコミュニケーションではありません。

相手によっては話半分で丁度いい、といった感覚でも大丈夫です。

もちろん、あからさまに流した場合は相手の反感を買いさらに大きな攻撃に合う可能性もありますのであくまでも聞いていますよ、というスタンスを見せる事は大切です。

会社でもよく耳にする

「分かりました!善処します!」

これは、「考えるけど、やるとは言ってないよ笑」的な受け答えです。時と場合によってはこれでも良いのです。

恋愛においてはあまりに過敏過ぎる事はマイナスになってしまう事が多いです。相手に対してある程度「鈍感力」を発揮できる人が、恋愛においての勝ち組です。

時にはサプリメントの力も借りる

それでもどうしても心が落ち着かない、心のダメージが蓄積してしまっている、という場合はサプリメントに頼ってみるのも手です。

例えば緑茶の成分として有名になりつつ(?)ある「テアニン」にはリラックス効果があります。お茶を飲むと「ホッ」とするのはこの成分のおかげ、という部分もあるでしょう。

不安がぬぐえない、ストレスがきつい、心が沈む、日々心の不調と闘っている人は多いです。仕事や生活をするのもままならないのであれば不調を軽減する対策を考えてみる必要があります。実際に試して効果のあったサプリなどをご紹介します。

まとめ~鈍感力の鍛え方~

いかがでしたでしょうか。鈍感力の鍛え方をご紹介しました。まぁ苦労して何か特別なトレーニングをするという訳ではないので鍛えるというよりは「鈍感力を発揮する」と言った方がいいかもしれませんね。普段から意識してみる事が大切です。

日常生活や学校、会社などでストレスを受けた時に鈍感力を発揮してみてください。ただし何でもかんでも鈍感で良い、という訳ではありません。

周囲からの働きかけに対して無反応が過ぎると「周りを無視する人」「責任感が無い人」というレッテルを張られてそれはそれで生きにくくなってしまいます。

「鈍感力」とは周りの状況を読まなくて良い力ではありません。繰り返しますが、心がダメージを受けた時にネガティブな気持ちを引きずらずに前へ進むための力が鈍感力です。

これまで周りの出来事に敏感に反応し過ぎてストレスを貯めていた人は、鈍感力を高めて自分をダメージから守ってみませんか?自分の心は自分で守りましょう。それだけで人生がうまく回り出すかもしれませんよ。

あなたは会社に行きたくないと考えていて、でも会社の事を考えて休めずにいますか?あなたが会社に行きたくない、そう思うだけで会社に行かなくても良い十分な理由になります。いえむしろ休むべきなのです。そう考える理由をご説明します。
ストレスによって心身が不調になって仕事や生活がままならなくなる、こんな人は増えています。私も一時期精神から来る不調に悩まされましたが考え方や生活を少し変える事で回復しました。その方法を紹介したいと思います。
何をするにも「健康」が一番大事!年を重ねるごとにその思いは一層強くなってきます。体や心の調子が崩れている時はやる気やパフォーマンスが出なかったりしますよね。これまで書き連ねてきた健康増進系記事をまとめましたのであなたに合う方法を見つけて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。もし少しでも役に立ちそうだと思われたら、ソーシャルメディアでの共有をお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする